より多くのお金を

一軒家

任意売却とは自分の意志に基づいて不動産を売却する方法です。住宅ローンなど不動産を抵当に入れて、そのローンが払えなくなったとき債権者が行う競売の反対語として使われることが多くなっています。自分自身が購入する人を探してきて売却する方法や、不動産屋などの業者を仲介して不動産を売却する方法があります。不動産を抵当にしてローンを組み、その債務の支払いが困難になったときも任意売却が行われることがあります。競売を回避するために行われることも多く、裁判所を通して行われる競売よりも、任意売却のほうが高く売れることが多く東京でも債務の解消や、競売の対抗策として任意売却を行う人が多くなっています。そこで得たお金で第二の人生を歩む人も東京には多くいます。

競売を行って不動産が売れるまでには長い時間がかかってしまいます。そのため不動産を抵当に入れている債権者が債務の支払いを求めるときに、任意売却を進めることも少なくはありません。東京では任意売却で債務の解消を図っている人が多くいます。競売にかかっている人の中にも、昨今は任意売却を専門とする業者も多数あらわれてきており、業者が債務者と話し合いを行って任意売却に持ち込むケースも多くなってきています。業者の中には、リースバックという手法を使い、競売にかかっても不動産を売らずに債務の解消を図る業者も現れてきています。東京でもこれらの業者を利用して不動産を売らずに債務の解消を図る人も、多くなってきています。